基本情報

セミナー 銀行交渉 資金繰り ・ BCP 防災 ・ 人事労務 / ビジネスエージェンシー

危機管理の実務的なセミナーを3つのフィールドから企画・開催しています。

(1)「銀行交渉セミナー」資金繰りの考え方を紹介します。銀行からの申し出に、多くの経営者は言いなりになっています。罠に掛かっている方もおられます。銀行員の考え方・弱みを元バンカーがユーモラスに語ります。深刻なテーマで笑いが起きます。解決の糸口が見えるからです。
(2)自然災害が起きた時、いち早く復旧・復興した企業は発展しています。
BCPセミナーの講師 山口泰信氏(株式会社BCPJAPAN代表取締役)の実感です。まずが人命救助。次に事業の継続が重要。従業員の生活の糧のため。
(3)労務管理について。まず突出した、好ましからざる特性がある人を採用することから問題は起こります。情緒不安定・弱気ゆえの世間体第一主義・物質的欲求に大きなこだわりを持つ人 - さまざまです。場合によっては適した仕事もあります。そんなことをある程度クリアにするソフトがあります。!

企業の危機管理。 多くの分野から想定することができます。

当方、Business Agency が提案できるテーマは3つ。各テーマごとに少しコメントします。

○元・銀行マンの講師から 経営者・自営業者へのコメント
 (1)銀行は融資先企業の決算書を信用していません。返済が100年遅れたことがなくても銀行は融資先を信頼していません。(2)銀行員、融資ノルマがあります。しかし、管理部(融資責任部署)は常に慎重。どう突破するか? 地道ながら妙案があります。 (3)自己資本比率が20%以上あれば保証人を外させることも (4)事業を承継した方へ 3年は新しいことをするな 危なっかしい企業からは銀行は撤退します。(5)70歳を越えて代表取締役社長と言う方へ 不死身でないことの認識が必要です。急逝した際の準備、早急に。 すぐに銀行に知らせることはなきように - 口座、凍結されます。

○性格の特性をクリアにする検査について。
 (1)トラブルメーカーを採用すると想定外の費用と時間を費やすこともあります。 (2)貴社が求めている人物像をはっきりさせると好ましい人材が採用しやすくなります。 豪放磊落な、社交性のある営業マン、物静かながら堅実に責任感を持ってことに取り組むことを得手とする管理向きの人 - 表面では捉えきれない内面を知ることも広い意味で危機管理となります。

Business Agency のセミナー、こんなことやっています(^_^)

K-6120.jpg【 Buisiness Agency たかしまよしお 】

「 受け容れる、楽しむ、生き切る 」ことを詰まるところ、ご提案しています。経営者の中には、経営コンサルタントや研修トレーナー任せで人材育成やモチベーションを図ろうとする人がいます。 私、そんなスタイルで奏功したケースを知りません。

多くの中小企業の経営者と数えられない時間、お話をさせて頂きました。テーマや質は異なっても悩みのない方はいらっしゃいません。

銀行との交渉や会議・商談の進め方のスキル、また災害からの復旧の計画立案(BCP)など各セミナーの講師のお話を聞いて役立てて頂くことは当方の喜びです。

しかし、それと同等に大切なことは、経営者のみならず社員個々が感情や損得を抜きにして互いの仕事をサポートし合うことが、「 受け容れる、楽しむ、生き切る 」ことの第一歩と知ることです。

利益は重要です。そして、稼ぐための近道・王道が「誰かに役立つこと」と、個人であっても組織の一員であってもいつも認識していることも重要です。 そんな方々とご縁を頂ければ幸いです。

【 Business Agency たかしまよしお 】

経営セミナーのプロデュースが本業です。派生して、経営者に経営コンサルタントの紹介を行なっています。

1988年から、独立系の経営セミナー企画会社に10年あまり勤務していました。その間に著名な経営者・スポーツ選手・ドクター・芸能人・経営コンサルタント・経済評論家との出会いがあり、多くの刺激を受けました。

その後、1999年に独立しました。

この業界に入って26年になります。経営者の立場に立って、支援しようとしている経営コンサルタントや研修トレーナーをやっと見極められるようになったと思っています。 

一方で、時々私自身も講演や研修の依頼をお受けし、お話することがあります。

 『自然の摂理と事業の発想』 『絶好調現象を生活にも事業にも起こそう』 『自我を小さく、笑いを大きく ワクワク発想と行動から見えてくること』等が主たる講演テーマです。 

研修では、柔らかな雰囲気の中で一人一人の「本音」を引き出そうとしながら「今の幸い」を気付いて頂くことから
発想をサポートすることを常としています。 階層別・職種別という区別ではなく、ご依頼者の研修の目的に沿った内容で実施しています。
 
2003年から8年間大阪信愛女学院短期大学にて「ビジネス実務総論」「コミュニケーション論」の講師も務めさせてえ頂きました。 1958年生れ。同志社大経済学部卒業。大阪市城東区出身。

店舗情報

住所 大阪府守口市京阪本通1-10-32-126

新着ブログ

最新ブログを見る

  • 金融庁 森長官の破壊力と地銀の憂鬱

     「捨てられる銀行」(講談社現代新書)https://www.amazon.co.jp/%E6%8D%A8%E3%81%A6%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E9%8A%80%E8%A1%8C-%E […]

  • 父親が90歳近い社長の中堅製造業の後継者からのメール

    今日は、ことばを選びながら慎重に書きます。 大阪府内の従業員が300人程の特殊技術を持っている製造業のある会社。 現在の社長が90歳近い年齢で息子さんがいない。社内に片腕と言える役員もいない。   娘が3人いて […]

  • 潜在的睡眠不足の怖さ NIKKEI STYLE

    ○最近の関心事のひとつが、瞑想・睡眠です。  今まで私は、軽視していました。しかしながら、6月18日に放送された「NHKスペシャル 睡眠負債 寝不足で命を落とす」も驚く内容でした。   ( 6月20日の深夜に再放送 ) […]