スタッフブログ

成功へのメール術

先日、TV番組の中で、コミュニケーションツールでの

成功に導くメール術が披露されていたので・・・

こちらでご紹介します。

 

今、お見合い後の初コンタクトのみお電話で直接会話して、再会のお約束をして頂いております。

その際に、ほとんどのカップルはメールアドレスの交換かラインの交換をして、

当面はそのコミュニケーションツールが、頼みの綱となる訳で、

このやり取りで、NGを連発して再会が叶わないというケースも起こっております。

そこで、披露されていたのが、

image1

ア イ サ レ だそうです。

 

先ずは、 ア  はド定番の”ありがとう”

これは確かに必須ですね。

ちょっとした事にでも、これでお返事をする。

ちょっとした事にでも感謝ですよ。

文字での会話では、感謝します。となると逆に距離感が出来てしまいますものね。

何気な無く、ありがとうでお返事をする。

 

次の、 イ  は”いいですね”

相手を受け入れる意味合いが強いですね。

オリンピックでも一躍流行語となったカー娘たちの 「そだね~。」が、これですよね。

相手の意見や考えを、承認、肯定、支持する。

すると共感が生まれますよね。

 

続いて、 サ  は”さすがですね”

すごいですね。 そうなのですか。 素晴らしいですね。 知らなかった。

などなど、リスペクトしていますよ。と暗にお伝えする。

言われた方は、悪い気はしませんよね。

 

最後に レ  が結構大事です。

”レスポンス” これが出来ないという方はたくさんいますが、

コミュニケーションのツールとしてラインが普及してから、というもの

既読スル―をはじめとする暗黙ルールが出来上がっています。

なので、読んだら相手にも分かるので、出来るだけ早く返信する事が大切です。

この既読機能が厄介で、慣れない人は気になりませんが、ヘビーユーザーに言わせると、

あり得ない。

との事で、解釈の違いから、こんな事から、二人の間には小さな亀裂が入ってしまいます。

逆に、連打も踈まれます。

交互に会話が成り立たなければならない様です。

また、会話の終わらせ方にもテクニックが必要で、

最後はスタンプ スタンプで終わるのが、無難だそうです。

この様に、いろいろな暗黙ルールが存在していますが、

今、最も重要なのが、この ”レスポンス”ではないでしょうか。

コレが遅ければ、

「あまり私に興味が無いんでしょう。」

という声をよく聞きます。

レスポンスのタイミングを今一度、意識してみてはどうでしょうか。

 

 

梅田 茶屋町の結婚相談所

ブレスブライダル大阪の前川です。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)