スタッフブログ

 

 

おはようございます~

ダイシン工業web担当、イマナカです

 

平成2018年も残り2週間ちょっととなってしまい

年末がこくこくと近づく中、社内では大掃除の準備がチラホラ

先日は、技術部と技術営業の人とで不要な紙を捨てる作業を

本社一階の倉庫前でしておりました

また別日に全体の大掃除があるのでなんとなく楽しみにしています。笑

 

さて本日は、バーリング加工について書いていきたいと思います!

バーリング加工(穴フランジ加工とも言う)については、

私は先ほどまで、ネジつっこめるようにするための加工とザックリすぎる理解でいました。。。

 

なのでここでしっかり書き残して

バーリング加工についてちゃんと理解していこうと思います

 

 

バーリング加工とは                                                                                                         

 

 バーリング加工とは、穴をあける際に、板を厚くすることです。

例えば、薄い板にネジをはめ込む際、板厚が薄いとはめ込みが弱くなったりするので

穴をあけた加工部分に若干の立ち上がりをつくることで厚みを形成します。

これにより、ネジ穴の深さが増し、はめ込みがより強固になるんです。

 

 B66C7FFC-1A49-4442-BF44-521AAB94F28D

分かりやすく穴をあけて下に伸びた部分を

立ち上がりと表現しましたがこれをバーリングと呼びます。

 

                                                                 

 

と、バーリング加工の概要は以上です。

じゃあバーリング加工だけでネジがはめ込めちゃうの?というところですが、、、

実は、用途や板厚、はめるネジの種類や強度等によって加工段階が変わるんです!

 

キャプチャ

 

上記のような、下穴があればネジ自身でネジたてができてしまうタッピングねじ等を使うならば

基本的に、バーリング加工までで済ませてしまえます。※画像はモノタロウさんより拝借致しました。

 ➡「タッピングねじの種類と使用方法」byモノタロウ

 

そして、このバーリングだけでは足りないということであれば更なる段階へ進みます!

それが、タップを切る(タップを立てる)という作業です。

 

 

タップを切る(タップを立てる)は                         

 

 

「タップを切る」、または「タップを立てる」とも言いますが、ネジをはめるために

タップという工具を主に使い、あけた穴の中に、ネジ山をつくることです。

※ネジ山とは、ネジ本体のギザギダの凹凸のことをさします。

 

 

タップの切り方                                             

 

《必要なもの》

 2603DFCB-50FD-436B-815F-FFB137264CC4

 

①タップハンドル   ②タップ   ③できれば潤滑油も準備

2603DFCB-50FD-436B-815F-FFB17264CC4

まずタップハンドルにネジ穴と同じサイズのタップをとりつけておきます。

 

①次にタップを穴に垂直に立てます。

 この時斜めになったままだったりすると、タップが細いものなどは折れてしまいます。

 

②そしてできれば潤滑油をあなにかけながら、

 ゆーっくり、、、丁寧に、、、力を入れすぎないように

 右に半周、左に半周、右半周、、、と交互に繰り返していきます。

 

以上がタップを使用したねじ切り作業になります。

一見簡単な作業に見えなくもないのですが、これが結構難しいらしく

うっかりタップを折ってしまうことが多々あるようです。

 

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa                                 

 

上記ではタップの使用を紹介しましたが

弊社の鈴鹿工場ではこれを一括でしてしまう心強いマシーンがあります。

それが何回か当ブログで紹介させていただいているAMADAのC1AJです。

 

lc_2515C1AJ_01

 

■ 特長① 高生産・省エネ加工クリーンカットではCO2(4kW)と比較し、薄板領域での高速加工、コスト削減を実現し、

さらに、レーザ発振用ガス不要で、省エネ効果を実現します。

■ 特長② 安全性と作業性の両立を確保レーザ光の漏れを完全にシャットアウトする安全設計。

また、テーブルキャビンを開閉せずに材料のセットが可能です。

■ 特長③ 工程集約・安定加工の実現タッピングツールを最大4種搭載し、タップ工程の集約が可能。

また、ID金型システムにより、常に最適な金型コンディションを維持し、加工品質の安定化を実現します。

 

なんせパンチングとレーザーの二刀流なのでとても優秀なのです。

C1AJであれば人の手は使わず、上記の一連の作業が可能になるんです。

 

p_em_m2_mv

 

ほかにも同じくAMADAのEMというパンチングマシーンもバーリングまでしてくれます。

 

 IMG_9233

 

組立式でユーザーに届けたいからどうしてもバーリング加工してほしい、、、などなど

ダイシン工業の鈴鹿工場では心強いマシーンたちが可能にしてくれます

ご要望・ご相談などございましたら下記へお気軽にお問合せください

 

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんにちは

ダイシン工業 WEB担当 鶴見(修)です

 

本日は社内でのシート貼り加工についてのご紹介です

ダイシン工業では、鋼製家具をメインに製造しています。

扱う材料が鉄なので、ステンレス除いては、ほぼ必ず表面処理が必要になります。

鉄板むき出しでは家具としてはちょっとワイルドすぎますのでね。。。。

アンティーク家具などの錆感は別として。

 

鉄板への表面処理としては、

・塗装

・シート貼り

・メッキ

・素地

等があります。

 

弊社では上記の内、塗装とシート貼りを社内で行っております。

(ステンレスの場合素地になりますので、当然素地も扱いあります)

 

塗装については、以前の記事で紹介していますのでそちらをご参照下さい

 →塗装ブログ

 

シート貼りとは、字面の通り鉄板に専用のシートを貼っていきます

技術の必要な作業になりますので、専門のシート貼りの業者さんもいらっしゃいます。

弊社では扱う製品の多様化に対応する為、数年前からシート貼りの加工技術習得に取り組んできましたので、

今では社内にシート貼りの技能を持った優秀な作業員が複数名在席するまでになりました

 

扱うシートはお客様の要望により多種多数に及びます。

市場には様々なシートが存在し、塗装では表現できないようなデザイン性に富んだシートを選ぶことができます

有名なのは3M社の、ダイノックフィルムなどがあります。

3M

 (↑画像をクリックすると3M ダイノックフィルムのページに飛びます。)

施工事例などを見ていると本当にたくさんの内装材として利用されているようです。

 

こうしたシート貼り加工ですが、では実際に社内でどのように貼っているかといったところですが、

シートを貼るには有機溶剤の接着剤が必要になるので、室内の換気が必要であったり、また、空気中の埃なども作業の邪魔になります。シートは湿度や温度によっても仕上げの美しさや、製品化したあとの劣化の速度などに大きな影響を与えますので弊社では専用のブースを設けて温度・湿度を管理して空気を循環させなが作業を実施しています。

 WIN_20181210_16_55_28_Proa

大きな面を塗る時には、空気がシートに混入しないように注意を払って作業しています。

シートの作業だけでも結構な時間を要しますので作業者の技能の習得には大変時間を要します。

WIN_20181210_17_02_38_Proa

これはシートの表面の保護シートを剥がしているところでしょうか

WIN_20181210_17_08_59_Proa

角のエッジ部分は、仕上がりの精度に直結します。

接着面が少ないため、丁寧な仕事と技術が求められ箇所になります。

WIN_20181210_17_18_13_Proa

収納庫の場合、平坦な面だけでなく凹凸が存在します。

この形状に沿うように細かいカッティングの作業が必要になります。

この辺りは慣れと経験がものをいうのでしょう

 

と書いた私は全く貼ったことがないので、一度ぐらい実践してみたいな~と思う今日この頃です

 

ダイシン工業では、鉄板の加工から、溶接塗装組付け梱包まで多くの鋼製家具・製品の製造を一手に手掛けることが可能です。

suzukakojo

 

製造拠点の集約や、加工先を探している!など是非ダイシン工業をご検討下さい~

 

ダイシン工業株式会社 

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんにちは

ダイシン工業 WEB担当 鶴見(修)です

 

今日は軽いネタを一つ紹介致します

この記事をクリックして頂いて時点でもうお気づきかと思いますが、

 

ダイシン工業のファイリングキャビネットが下町ロケットに登場しています!

 

さらには

 

主役を演じる阿部寛さんと共演を果たしています!!

 

そのシーンがコチラ

編集後 (1)

まずは下町ロケットの舞台となる佃製作所の心臓部ともいえる、技術開発室の中

開発室内のいたるところにスチール製の収納家具やツールワゴンがあり、どれが弊社の製品なのか

目を凝らしてみないとダメなのですが、しっかりと映っていますね!!

 

これは弊社の現行のスタンダード品の

A4-4Nです

A4-4N

 

 

 

さらに主演の阿部寛さんとの共演シーンがコチラ

IMG_1151

 

弊社の製品には全く目を向けて頂いてはいませんが、この研究室の雰囲気を作る為には

今となっては少し懐かしい色味のアイボリー色がいい演出効果を出しています

 

弊社の商品は、オフィスの収納庫なので直接ロケットの打ち上げに関わることはありません。

 

が、

 

もしかするとロケットを飛ばすための重要なキーデバイスである「バルブシステム」を帝国重工に納品するまでのあいだ、実はA4-4Nファイリングキャビネットの中に鍵をかけて保管してるんじゃないの

 

なんてことを考えるとワクワクします

 

まぁ当然これはドラマなので、実際にロケットが宇宙に飛んで行くわけではないですが、日本の技術力のある研究室・開発室で弊社の収納が使われていたとしたら、ロケットを打ち上げる貴重な貴重な一役を買ったといえるのではないでしょうか

 

技術立国ニッポンの作業現場を支える為に、縁の下の力持ちになる立派な収納庫・ファイリングキャビネットの製造をこれからも頑張ります

 

目指せ!!ロケット品質

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 

おはようございます

ダイシン工業、web担当のイマナカです

 

最近やっと、自動車教習所の最後のみきわめが終わりホっとしております

次は卒業試験を受けなければならないので頑張りたいと思います!

 

さて先日のことになりますが、

小学3年生 88名が鈴鹿工場へ見学に来てくれました~~~~!

不定期ですが、ダイシンの鈴鹿工場にはこうしてよく小学生達が見学に来てくれるそうです

 

私もここのみんなと一緒に見学してまわりたかったのですが、、、

残念ながら私は行けなかったのでこのブログを書きながら一緒にまわった気分になろうと思います!笑

 

IMG_3179

 

午前10時30分、工場前にずらあぁ~っと集合している生徒と先生の皆さんです!

 

 IMG_3181

 

これから、みんなには班に分かれてもらって工場内をまわることになります

ただし、工場の中は色んな機械や、狭いところなどがあるので、

押したり、走ったり、触ったりすると危ないので気を付けましょう~~

それでは、さっそく引率してくれる工場長や工場のお兄さんたちについていきます。

 

suzukakojo

 

ダイシン工業の鈴鹿工場内はざっくりと表しますとこんな感じになっております。

 

①鋼板などの資材をうけいれるところ

②資材の鋼板を切ったり曲げたりする機械があるところ

③曲げたり切った鋼板を組んだり溶接でくっつけるところ

④組み立てた製品に色をつけるところ

⑤色がついて出来上がってきた製品にキズや不備がないか確認するところ

⑥お客様のところに綺麗に届けるため製品を梱包するところ

⑦出荷

 

まず資材などの受け入れ、また出荷は、先ほど生徒さんたちが集合した工場前なので

ここではスキップさせていただきます!

 

IMG_3195

IMG_3192

 

今ここで見てもらっているのは②にあたる機械で鋼板を曲げたり切ったりする機械班エリアです!

そしてこの機械は以前ブログでも紹介させていただきましたAMADAのC1AJです

➡「アマダ ファイバーレーザー複合機”C1AJ”導入しました!

 

この機械は金型で鋼板にプレス加工で穴をあけたり、レーザー加工で指定した型にきってくれたりもします。

金型とは・・・材料(ここでは鋼板)を成型加工して製品の型をつくるための金属製の型のことをいいます。

 ➡クッキー作るときにクマさんの型をつくるためにクマさんの形の型を生地に押して型をくりぬきますよね。

  そのクマさんの型のことを金型っていう感じです

特にこのレーザーという言葉は、小学生のみんなのココロにはストレートに響いたようで

とても興味津々だったそうです笑

 

 

IMG_3197

 

ここも機械を扱うエリアですね。

この機械もアマダさんちの機械で、金型をつかい、鋼板を曲げるものです。

みんな沢山質問などしてくれるようで、

特に「どのくらい時間かかりますか?」「どのくらい長いですか?」など

なにがどのくらいというのが気になる様子だったそうです

 

重さを聞かれた際には、「〇〇トンだから、みんなが〇〇人分ですよ!」と伝え

とりあえず「すげ~~~~~~!!!」と返ってきたそうです笑

すげ~~ですよね、私も初めて工場に来たときは同じように「すげ~~~」と思っていました笑

 

また説明の中で 「この機械は最大80トンの力でプレスして鉄板を曲げるよ、

例えばゾウは約5トンで80トンはゾウ16頭分だよ」というと意外に反応が良く皆熱心にメモしていたそうです

 

IMG_3199

 

そして次にここが③の曲げたり切ったりした鋼板をくっつけて組み立てる組立て班のエリアです!

今はファイリングキャビネットの組立ての様子を説明しているところですね

写真はないのですが、鉄板を溶かしてくっつけるアーク溶接のところでは火花がちるので、

ここではみんなも「うぉおお~」とテンションが上がっていた様子だそうです

普段の生活の中で鉄を溶かして火花がちるのをみるのはテレビの中くらいですもんね~!

 

IMG_5865②

上の写真は以前ブログでアップしたものですが実際のアーク溶接しているところです。

 

   IMG_3209

 

次は④の製品に色を付ける塗装班エリアです

左側の大きなボックスの中では、ハンガーにかけられた製品が、油を落とすため

お湯や薬品で洗われ、最後に水洗い、そして乾燥されていきます。

この一連の流れは、洗濯機や食洗器など身近なものと同じ仕組みになっております

油がついているのは、色を塗るまでの工程で錆びにくくするためにあえてつけられています。

色を付ける際は、油があると色が綺麗に塗れないのでここでお湯などで落としていくんです

 

IMG_3205

 

お風呂からあがってきた製品がぶら下がっております↑

この次は色が付けられる過程に入っていきます

 

IMG_3206

 

ダイシン工業の塗装工程は粒子がとても細かい粉を製品にふきつけ、

それを高温で焼き付けることで色をつける粉体塗装を採用しています。

ここはその粉体塗装の現場です↑

塗装エリアは一部に水を使用したブースがあり臭いが発生しますので

「プールのにおいがする!!!」など鼻をつまんでいる子もいたそうです笑

粉体塗装は、溶剤塗装に含まれるシンナー等の有害物質を含んでいないので

人体や環境ともに優しい塗装方法なのです

 

IMG_3208

 

この青い筒のなかで粉がぐるんぐるんしてるんやで~て、確か説明してもらった気がします笑

 

IMG_3184

 

はい!そして次にここが

⑤キズや不備がないか確認したり、小さな部品をつけたりする仕上げ班エリアです。

先ほどまでは1階だったのですが、ここで2階にあがります。

ここでは高温で焼きつけられて色が付いた製品が上がってきております。

どのくらい熱いですか~~~!!??とか質問されたんでしょうか?笑

 

IMG_3188

 

最後です!⑥ここは梱包エリアの手前の写真です。

ここでは、仕上げ班のチェックを通った製品が、後ろのベルトコンベヤーに

どんぶらされて、丁寧に梱包されていくんです。

 

  IMG_3220

 

全て見終わった後、みんな揃って工場長の最後のお話を聴いています。

この日は10時半集合、12時解散だったので1時間半ほど工場内を歩き、熱心に話を聴いてくれて

質問も積極的にしてくれて、ケガもなく見学を終えることができたようで安心です!

 

工場長曰く、「意外にみなさん興味津々で、

やっぱり聞くより見る、見るより触ることが学習には大事だな~」と感じたそうです。

また「大人になると頭でわかったフリをしがちで、、、

この見学を通して私たち大人も刺激を受けることができました」とのことです

 

IMG_3213

 

先ほどの流れではありませんでしたがこのように工場内のショールームでは実際に

子どもたちに製品に触れてもらったりしていたようですネ!

 

IMG_3222

 

そして最後の質問でしょうか?真ん中の男の子がハイっと手を挙げてくれています

意欲的に参加してもらい工場の方も嬉しかったと思います

今回の工場見学で、みなさんの良い経験になれば、楽しんで見学して頂けたなら、

私たちはそれ以上に嬉しいことはありません

 先生の方々にもついていただき安全にまわることができました。ありがとうございます!

 

また次回、生徒さんたちが来てくれた際には今度こそ私も後ろから

一緒に見学してみたいなと思います

 

 それでは、、、

小学生のみなさんと先生の方々、、、

ダイシンの鈴鹿工場にお越しくださりありがとうございました!

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんにちは

ダイシン工業 WEB担当 鶴見(修)です

 

少し前に金曜ロードショーでジブリで有名な代表作の一つである「紅の豚」が放映されていました。

同じくブログ担当のイマナカが教えてくれて「見て下さいよ~」っといわれていたのを思い出して見たのですが・・・

当の本人は見ていなかったようです。

 

というわけで、紅の豚を見ていると豚の主人公が飛行機の設計を依頼するシーンで右手にファイリングキャビネットが登場しました

ぼっーっと見ていたのですが、思わず「おっ」体を起こして見てしまいました。

IMG_0751

作中の舞台はおそらくイタリアを描いておりますので、おそらくこのシーンもイタリアの設計事務所をイメージをしているものと思われます。

出てきたファイリングキャビネットは、ヨーロッパで使用されていた木製のファイリングキャビネットだと思います。

恐らく中には、設計図が綺麗にファイリングされているのでしょう!

中を見てみたい!

と思いますが、残念ながらアニメの世界ではそこまでは再現されていません。。。

 

ファイリングキャビネットの製造メーカーとしては作中にこうした描写が出てくるだけでも大変喜ばしく感じます

日本のTVの大道具さんなどで、ファイリングキャビネットを使用したいなどがありましたら是非弊社にお声かけ下さい

 

 

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 

おはようございます!

web担当のイマナカです

 

もうすっかりお鍋が美味しい寒さになりましたね

世間では何鍋が人気なんでしょうか。。。?

私は断然キムチ鍋を推していきます

 

さて~、

本日も前回のファイリングキャビネットの耐久試験に続き、検証のお話をしていきます!

➡前回の試験記事「ファイリングキャビネットはどれだけ力持ちなのでしょう!?

 

前回はファイリングキャビネットにどれだけの耐荷重をかけていくと

キャビネット本体が倒れてしまうか!?を検証しましたネ

 

今回ももちろんファイリングキャビネットについて!

検証内容は、、、

「ファイリングキャビネットの引き出し1段には何㎏分のファイルが入るのか!」です!

 

a4

 

被験体は前回と同じものを使いますので同じA4-4Nを使用していきます

一体何㎏分収まってくれるのでしょうか?

では検証の様子に参りましょう~~!

 

 

 

まずこんな感じの空の引き出しを用意します。

 

2

 

ファイリングを用意してこのようにドスンとそのまま詰めていきます笑

 

DSC_4998

 

はい、あっという間のいっぱいになってしまいました!

この収まった分のファイルが何㎏だ???って話ですよ

どこのだれさんが知りたいのかよくわかりませんが!やっていきます!笑

 

 

3

 

4

 

体重計。。。ではなく重量計に収まった分のファイルを載せていきます。。。

 

DSC_4993

 

こうみると結構多く見えますね

見た感じ何㎏ぐらいに皆さんは見えますか・・・???

私はこの時点では、10キロ未満ぐらいに見えたんですが。。。

 

 

・・・・・・・・

 

 

\    ドドドドドドドドドドドドドドddddd   /

 

DSC_4989

 

17キロ!!??

結構重かったです!!!紙やファイルが重なると一段でこんなに重くなってしまうんですね

これが一段分に入る量なので、四段で換算すると、、、68キロです。

紙68キロ分てすごいなあと改めて考えると思います、、、

 

前回の検証では、一番上にのみ主にを入れた場合、30キロが限界でした。

(下の引き出しにそれぞれ10キロ入れた場合は65キロでした。)

今回ファイルを入れて17キロということでものすっごく余裕のある結果になりましたが

紙以外にも、仕切板など使って、タブレットでもスマホでもいれて最大限に使うのもよさそうですね!

(ファイリングキャビネットという名前なので紙をいれる専用のキャビネットではありますが笑)

 

以上、

「ファイリングキャビネットの引き出し1段には

             何㎏分のファイルが入るのか!」の結果は17キロということでした!

また検証しましたら発表していきたいと思います

 

 yngbsn

皆さんのヤナギブソンさんは心にしまっておいてください笑

 

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんにちは

ダイシン工業 WEB担当者 鶴見(修)です

 

今日は珍しく会社イベント?的なものを簡単にご紹介したいと思います

先日!と言ってももう二カ月ほど前になりますが、ダイシン会を開催しました。

ダイシン会とは、ダイシン工業とお付き合いいただいております。仕入先の皆様をご招待し、今期の業績や会社の取り組みについてご披露させて頂く場として開催しております。

上場企業などは業績の開示が義務付けられておりますが、我々は中小企業ですので開示義務はありません。

しかし、企業としてお付き合いさせて頂くうえで弊社と安心してお取引頂けるよう、こういった会を開催してオープンにできるように努めています。

 

ご参加頂くのは、ダイシン会にご加入頂いております企業様約30社ほどです。

開催は毎年弊社の決算が明けた9月頃に開催しております。

場所はランダムですが、遠方からお越し頂く方の為になるべく梅田界隈で開催しています。

が、今年は初めて”あべのハルカス”を利用させて頂きました

236984_27-07_ABENO

 

大阪の新しい観光名所となっていますので、大阪の企業として一度利用を考えていましたの此度開催としました

当日は大変天気も良く、青空と雲の白さが見事でした!!

DSC_4818

会の終盤には、次回会頭よりご挨拶を頂戴いたしました。

K産業様ありがとうございました

DSC_4873

最後にマリオットホテルのロビーに降りると時期がちょうどハロウィンの季節だったので購買課のM君と総会の看板を持ってパシャリ

IMG_9457

購買課のM君はいつも笑顔がすばらしいです

工場に勤務しており、三重県でサーファーとしての一面も兼ね備えています

 

彼は鉄板の購買を担当してくれており、ダイシン工業にとっては鉄板はまさに生命線です

これからも、彼の購買力がいかんなく発揮されることを願っています

 

59期も弊社の様々な取り組みを紹介させて頂き無事に「ダイシン会」を終了することができました

また来年も、お取引様をお迎えして開催できますように、60期もダイシン工業は頑張りたいと思います

 

 

 ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

みなさんこんにちは、鶴見(亮)です

 

最近かなり冷え込みが厳しくなってきましたね~ 紅葉も今が見ごろでしょうか

いよいよ年末に向けて寒さも厳しく、仕事も忙しくなる時期かと思いますが

体調にはお気をつけくださいね2019年まであと少し走り抜けましょう

 

それでは本日のお題

 

『徹底検証!ファイリングキャビネットに使われている樹脂ローラーの強度は!?!?』

 

についてお話します

 

まず初めに、樹脂ローラーとはどのパーツかと言いますと、、、、

 

↓こちらです↓

 IMG_6083

 

このパーツが弊社ファイリング用の引出レールについてます

こんな感じ↓

 

IMG_6084

 

さて、こちらのローラーはいったいどれぐらいの荷重に耐えられるのでしょうか

早速検証してみましょう

 

【検証方法】

①フォークリフト(重さ4トン)のタイヤで踏んでみて、変形具合を確認

②直接ゴムタイヤで踏むと衝撃が吸収されてしまうため、鋼板でパーツを挟み込んで踏むこととする

 

実際の作業映像はこちらです

⇒ 徹底検証!ファイリングキャビネットに使われている樹脂ローラーの強度は!?!?

 

 

なかなかしっかり荷重がかかっていますね~

こんなに踏んじゃうと潰れちゃってるんじゃないでしょうか。。。。

 

 

 

早速ですが、、、、、

 

 

結果発表~~~~~~

無題

 

 

 

 

バンッ

 

 

 

 

IMG_0928

 

 

左が踏まれていないローラー、右が踏まれたローラーです

 

穴にはめる突起部分は少し変形しておりますが、肝心のローラー部分には一切変形がありません

 

これはすなわち、「引出に1トンぐらいのもの入れても樹脂ローラーの耐久性は問題ありません!」

ということが、かーなーりざっくりですが証明できたと思います

(もちろんその他パーツや鋼板自体が1トンに耐えられるわけではありません)

 

ファイリングキャビネットに使われているパーツは他にもたくさんあるので、これからいろいろと

耐久試験を行って検証してみたいと思います乞うご期待下さい

 

以上、鶴見(亮)からでした~

 

 

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんにちは

ダイシン工業 WEB担当者 鶴見(修)です

 

先月ドイツに出張に出ていた時にケルン駅で見つけた面白いコインロッカーがあったのでご紹介したいと思います。

なぜわざわざロッカーなんて紹介するの?

と思われるかも知れません。

弊社は、オフィス収納庫のメーカーです。薄板板金を加工して塗装を施して出荷する完成品メーカーなのですが、職業がら街中でみかけるロッカーには目がありません。

国内でも、ロッカーなどを見かけるとついつい角をスリスリしてみたり、曲げの精度を見てみたり、コンコンして材厚を確認してみたり・・・

はたから見ると、「何してんのコノヒト・・・?」って感じなのでしょうが、本人は至って真面目に製品の検証をしていたりします

 

今回のドイツ出張中のケルンでも大変気になるロッカーがありまして、名付けるならば

「自動倉庫型コインロッカー」

ですね。

 

では早速、そのケルンで見つけた自動倉庫型コインロッカーの写真がコチラです。

IMG_0474

この巨体がケルン駅のコンコース中央にドンっ!と置いてあるのです。

これでちょうど3台分になります。

プレゼンテーション1

この躯体が等間隔に3躯体置かれています。

合計ロッカー数でいうと9台になります。

この地上に置かれている躯体は保管庫ではありません。

いわゆる荷物の預け口になっています。

このロッカーのすごいところは、荷物は地下に自動で格納され、自分が預けたロッカーとは違うところからでも取り出すことができちゃう点です

車の立体駐車場や自動倉庫と同じような仕組みになっているのだと思います。

この仕組みを想像してイマナカに想像図を書いてもらいました!!

 

ドンッ

coinlocker4

イマナカはこういうグラレポが上手ですね~

一目瞭然ですね

 

モニターで操作をすると、シャッター扉が開き、中に荷物を取り入れることができます。

その後、コインを入れるとロッカーが閉まり荷物どこかへ収納されていきます。

取り出すときは、預けた時にもらうレシートをスキャンすることで、自動的に荷物が用意されます。

長い時で40秒ほどで準備ができて取出しが可能になるようです

 

初めて使ったので、てっきり自分の預けたロッカーでしか取出しができないものと思っていましたが、他の全ロッカーから出すことができます。

ロッカーって結構自分が取り出したいときにちょうどお隣が出し入れしていたり、前で荷物の整理をされていたりで思うようにいかないときがあると思いますが、この機械だとそんな心配は不要ですね

どこでも空いてる端末を使えば即解決です

 

建設には大掛かりな工事が必要だったのではないかと思いますが、収納効率が大変高く、駅構内の景観を綺麗に保てるのかもしれませんね

 

また海外や、国内でオフィス収納庫メーカーが見つけた面白いものがあれば是非ご紹介したいと思います

 

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 

おはようございます!

web担当、イマナカです

 

先週、Nintendo Switch でのポケモンの新作LET’S GO ピカチュウ/イーブイ!」が発売されましたね!

ポケモンのゲームがだんだんリアリティーが増してきて

いつかVRでポケモンと散歩したりゲットしたりバトルできたらイイナーと思っています。

 

さて、本日も先日の鈴鹿工場でのことを書いていこうと思います

 

DSC_4985

 

今回の記事は以前にもブログでご紹介させていただいた鈴鹿工場の試験場で(➡「鈴鹿工場の耐久試験場!」)

いくつかファイリングキャビネットの試験をしてみた!です

 

 

a4

 

 

まず被験体のご紹介!こちらのA4-4Nです!

引出し4段、重量は51kg、耐荷重は40kgです。

※ここでの耐荷重40kgとは、底の部分を安定に固定した場合の耐荷重表記です。

 

次に、検証項目のご紹介!

ファイリングキャビネットは引出しに何キロ詰めると転倒するのか!? 

◆ファイリングキャビネットには実際何㎏分のファイルが収納できるのか!?

◆ファイリングキャビネットの引出しに限界まで入れた時レールの作動はどうなるのか!?

 

以上の3つを検証してきました

今回は、1つめの検証を発表していきたいと思います

 

ファイリングキャビネットは引出しに何㎏詰めると転倒するのか?」について!

 

 まず以下3つのポイントを押さえておきますネ

 〇一番上の引き出しに重りを入れていくこと(一番上の引き出し以外は空っぽ)

 〇だいたい均等耐荷重

 〇転倒手前の何㎏まで安全に立っていられるかが基準

 

はい!早速一番上の引き出しにのみ、重りをいれていくとどうなるかを見ていきます

web担当鶴見さんが5kg分の鉄球の玉が入った重い袋を容赦なくファイリングキャビネットに

いち、にぃ、さんまのしっぽ~♪(1コ、2コ、3コ、4コ・・・)とドンドン入れていきます。

↑この数の数え方どれだけ通じる人がいるのでしょうか…笑

鶴見さんは、鶴見(亮)さんと同じく、ジムに通ってらっしゃるそうなのでナンノソノでポイポイ積んでいきます!

 

DSC_5033

 

あ~鶴見さんの右腕がゴムみたいに見える~~~~

 

DSC_5035

 

と、シャッターをきっている間に30㎏に到達しました!!

どうでしょう…ここで大型犬のワンちゃん1匹分です

ポケモンですと、ライチュウベトベトン1匹分です!

a3e1dc5b61d552f8faf1d4f8a3ce4350a60272701379332014

この後、さらに5kg追加しましたがややキャビネット本体がぐらつきはじめ

不安定になりましたので30kgを限界とさせていただきます

 

と、いうことで、

ファイリングキャビネットの一番上の引き出し以外をすべて空っぽにして

一番上の引き出しのみに重しを加えていった場合、一体何キロで転倒するか!

恐らく約40kgで転倒、約30kgまでが大体安定している!が答えです!

 

底の部分に固定するものなどは一切施さず、また下の引き出しすべて空っぽ。

そして一番上の引出しのみ開けた状態で、本体重量半分以上の重しをのせたので

A4-4Nさんは耐えたほうではないでしょうか!?あっぱれ~

 

では、今度は、

下の引き出し3段にそれぞれ10kg入れた状態(合計30kg)だと

    一番上の引き出しは何㎏まで今度は耐えられるのでしょう???

検証していきまーす!!!

 

DSC_5031

 

重荷を入れている途中ですがこんな感じで均等にいれてゆきます。

各引出しに30kg重りを入れたとたん、本体がしっかりと立つようになり

一番上の引き出しに30kg入れてもびくともしなくなりました!

私も鶴見さんと一緒に重りをエイサホイサとドシドシのせていきます。。。!

 

DSC_5036

 

すごい…こんなにモリモリでも耐えております。。。

 

スライムぎっちり

ザクの次は段々スライムたちに見えてきました。。。

スクエアエニックスさんのブログより画像お借りしました。

 

とりあえず、そろそろ参りましょう。。。

 

\結果発表~~~/

無題

 

結果、、、、安全性を考えて65kgとさせていただきます~~~!

おお~~っと、これはポケモンのアーボック1匹分ですヨ!

a-bokku

アーボックはウルトラサン・ムーンでパーティーに入れていました

 

なんとか下の引出し空っぽverの2倍は耐えてくれました

こんな極端な使い方をされる方は日常では多分いらっしゃらないと思いますので

そーなんや~!ぐらいで気軽に見て頂けると嬉しいです

 

今回の検証をまとめますと、、、

◆ファイリングキャビネットは引出しに何キロ詰めると転倒するのか!?

 A:(下の引き出しに重りなしの場合)・・・約30kgまで

 A:(下の引き出しに各段10kgずつ合計30kg重りを入れた場合)・・・約65kgまで

 

まだファイリングキャビネットについての試験が残っていますので

後ほど、お話していきたいと思います!

ここまでありがとうございました~~~

 

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)