スタッフブログ

クックチルで抑える厨房設備費用と光熱費-院外調理でコスト削減

この第一食品ブログにはよく「クックチル 厨房設備 費用削減」などのキーワードでアクセスをいただきます。
また現場でもやはりいちばん聞かれるのは「厨房設備や給食に係る費用を削減するには?」というもの。

病院、介護施設、学校、社員食堂、いずれの現場でも同じことですが、厨房があれば料理をする人が必要です。
さらに食事を作るには水道やガス、電気などの光熱費が発生し、調理するための設備も必要となり、廃棄物を処理する費用なども発生してきます。

このように厨房には様々なコストがかかり、その費用は結構施設を運営していくにあたってかなりのウエイトを占めるものとなります。

厨房があれば衛生対策もバッチリ施さないといけないため、その管理も必要に。

厨房は結構場所も取るため、その分病室や施設で入居者様が使われるお部屋の数、スペースが当然減ってしまいます。

こうしたものがどうしても厨房に発生してくるため、よく第一食品ではこの悩みをどうすればいいか相談されます。

 

そこでクックチルシステムの「院外調理」であれば、大阪市生野区と兵庫県西宮市にあるいずれかのセントラルキッチンで食材を一括して調理し、専用カートにて配送します。
その院外調理専用カートにお食事を入れると、急速に冷却され保存が可能な温度まで下げられます。
そして現場にトラックで配送し、現場ではプラグにつないで急速に温めるというもの。

これであれば現場に厨房はいらず、光熱費も人件費も設備費も削減できます。

 

 ▲院外調理の説明動画

 

やはり最近お問い合わせが多いのはこの院外調理。

 

もちろん厨房があったほうが迅速で柔軟な対応ができるだろうということで、そのほうが言いという現場もあります。

ここはニーズに合わせてどちらでも対応できますが、厨房に係るコストには悩まされているところも多いのだと実感しています。

 

もしこうしたお悩みをお持ちの方がいらっしゃればお気軽にご相談くださいね。

第一食品が精一杯ご相談にのらせていただきます!

 

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)