スタッフブログ

中国で給食サービスのニーズ高まる!?三井物産が給食事業に参画

先日オンラインニュースでこのような記事が掲載されていました。

「非資源ビジネスを模索?三井物産、中国の給食事業会社への参画を発表」

三井物産さんも実は約40年ほど前からずっと給食業界には携わられています。
社員食堂や病院、外部委託が最近進んでいる学校現場等様々な場所で給食を提供されているんですね。

 上記の記事では三井物産さんがこの度中国の大手給食会社の25%持ち分を取得し、経営への参画を発表したとのこと。

中国では日系企業ももちろんのこと、外資系企業が多数進出。

国内の労働者を集めるのも難しくなってきており、福利厚生の充実という課題を企業が抱えているとのこと。

日本の給食システムをどのように中国に適応させていくのか、詳細は明らかではありませんが、海外の給食市場というのは確実に成長路線に入っているということでしょうか。

 

昨日も日本食の輸出の話をブログで書きましたが、今度は日本の給食運営システムそのものを海外に輸出するということで、第一食品としてもとても行方がきになるニュースでした。

もちろん第一食品も、これまで培ってきたおいしい食事作り、衛生管理、召し上がる方の栄養管理などを海外でも提供していきたいと考えています!

 

日本の給食業界にさらなる活況を!

まだまだ頑張っていきます!

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)