スタッフブログ

第一食品が提供している院外調理。これは大阪本社(生野区)の工場、または西宮工場のセントラルキッチンでお作りしたお食事をクックチル方式でお届けしています。

 

主に病院や介護施設にお届けしていますが、企業様や団体様の社員食堂などへもこの形式でお食事を提供するのが院外調理。

 

「院外」という名前からかどうしても「病院」というイメージがあるためよく「病院以外でも院外調理で提供してくれるの?」というご質問をいただきますが、クックチル方式の「院外調理」ならどのような施設へもお食事をお届けさせていただけます。

 

第一食品では院外調理専用のカートをご用意しており、調理したお食事はトレーに配膳してカートに入れます。
そしてカートの中で休息冷却をして、トラックで各現場へ配送。

各現場では厨房を用意する必要はなく、専用カートを補完する少しのスペースと、カートをつなぐプラグを準備していただくだけで導入できるサービスです。

 

これにより、提供する時間になればカートのボタンを操作してお食事を温め、 社員食堂であればお食事を召し上がるスタッフさんにトレーを配膳するだけというもの。

厨房が必要ないため、設備導入のコストも大幅に抑えられますし、衛生管理の作業も大幅に削減されます。

 

ただスタッフさんの食事を召し上がる時間がバラバラな場合は、カートに入っているお食事がまとめて温まってしまうためこの形式だと少し難しい面もあります。

スタッフさんが食堂に来て、食べたいメニューを厨房スタッフに伝えて食事を提供する一般的な形式が必要な場合は、第一食品では給食事業部が調理師、栄養士に現場に常駐してもらい対応しています。

 

各現場のニーズに合わせて院外、給食事業のいずれかを選んでいただいていますが、院外は社員食堂にも対応させていただいております。

 

働き方や会社のあり方なども多様化してきている現代、さらに様々なニーズにお応えできるよう努力していきます!

 

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

茨城県の境町がクックパッド株式会社さんと提携し、町立小中学校の学校給食に、クックパッドのレシピを元にしたメニューを提供するという取り組みを始めたというニュースが! 

http://www.gourmetbiz.net/6995/

もともと茨城県境町では「地元の食材に親しみ地域の文化に理解を深めること」や「各家庭での食事コミュニケーションの増加」などを目的として食育に力を入れているよう。

そして地元食材を使って、クックパッドで掲載されているレシピで料理したものを給食として提供する「クックパッド学校給食の日」を制定。アイデアレシピ満載の給食が提供されるようです!

学校給食と「クックパッド」といった最先端のサービスが結びつくというのは画期的ですね!給食を召し上がる生徒さん達も、アイデア満載のいつもと違ったメニューでとても喜ばれるのではないでしょうか?

さらにこの取り組みが良いのは地元食材を使うという点。
生まれ育った地域に対する理解を深め、地元の魅力をしっかりと語れるようになるという点でも素晴らしい取り組みなのではないでしょうか?
ご飯を食べるというのはやはり楽しく食べるのが一番ですし、そうした意味でもいつもと違った給食で喜び楽しい時間も倍増するかもしれませんね!

素晴らし取り組みだと感心し、このようなニュースを目にしていました。

記事の中で掲載されている写真もまたレストランで出てくるような色合い!おいしそうです!

第一食品もぜひこのように、地元食材を使って色合い豊かなメニュー開発をしていきたいと思います。

地域のために、召し上がる方のために。

感銘を受けたニュースでした!

 

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2015年4月から介護報酬が引き下げられるという話題がニュースなどでも取りざたされ、以前こちらのブログでも詳細をご紹介しました。

この改定により介護サービスを利用する側、介護保険料を支払う側にとっては負担が軽減されるということになります。その一方マイナス改定は特養などの介護保険サービスを提供した事業者にとっては収入減となり経営を逼迫することは確実です。

 

収入が下がる中、特養の経営に求められるのはいかにコストを下げるということ。どの部分を削り、売り上げを保ちながら利益を確保していくか。

 

介護士さんはもちろんのこと、看護士さんや調理師さんなど様々な人が働いている特養では人に関することはもちろん、施設運営や、設備に関しても運営面や費用面で様々な工夫をして利益体質に変わり、良いサービスを提供していくことが求められています。

第一食品では給食にかかわるお手伝いをしていますが、新しく施設をオープン、設計していくところでは、そもそも厨房設備やスペースをまったく作らないところも多くなってきています。

 

食事を作る厨房設備を省くことで、そのスペースに1部屋増やしたりなど利益に変わる「場所」に変化させる。

さらに厨房にかかる人件費や光熱費、その他もろもろ一切の費用をがくっと下げる。

これによって利益が増やしたいという施設様もかなり増えてきていますね。

厨房をなくして、第一食品の院外調理のようにセントラルキッチンでおつくりした専用クックチルカートに配膳してお届けするサービスを利用する。

 

または「ファストクック」のように一人だけ配膳にかかわる人を常駐させ、パックのお料理を温めて提供する、最低限の設備で運用できるサービスを利用するなどの方法が今とてもお問い合わせを多くいただいています。

そもそも給食にかかるコストというのはかなり莫大なもの。

ここをまず見直すことでコストを考えていこうということですね。

 

第一食品はこうした仕事だからこそ、このようなニーズをよく耳にします。

そうした声にこたえるべく「院外調理」や「ファストクック」といったサービスを出してきました。

 

介護報酬引き下げで収入確保に更なる努力が求められている今、相談を受けた際には、どれだけコストダウンができるかの試算もご提案と一緒にご提示しています。

ご相談がある事業所様はぜひお気軽にご相談ください。

ファストクックの詳細はこちらから

http://dfcn.co.jp/fastcook.html

 

介護報酬のニュースにはこれからも敏感に情報を収集し、ブログでも発信していきます!

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

先日オンラインニュースでこのような記事が掲載されていました。

「非資源ビジネスを模索?三井物産、中国の給食事業会社への参画を発表」

三井物産さんも実は約40年ほど前からずっと給食業界には携わられています。
社員食堂や病院、外部委託が最近進んでいる学校現場等様々な場所で給食を提供されているんですね。

 上記の記事では三井物産さんがこの度中国の大手給食会社の25%持ち分を取得し、経営への参画を発表したとのこと。

中国では日系企業ももちろんのこと、外資系企業が多数進出。

国内の労働者を集めるのも難しくなってきており、福利厚生の充実という課題を企業が抱えているとのこと。

日本の給食システムをどのように中国に適応させていくのか、詳細は明らかではありませんが、海外の給食市場というのは確実に成長路線に入っているということでしょうか。

 

昨日も日本食の輸出の話をブログで書きましたが、今度は日本の給食運営システムそのものを海外に輸出するということで、第一食品としてもとても行方がきになるニュースでした。

もちろん第一食品も、これまで培ってきたおいしい食事作り、衛生管理、召し上がる方の栄養管理などを海外でも提供していきたいと考えています!

 

日本の給食業界にさらなる活況を!

まだまだ頑張っていきます!

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

食に関わる業界にいるとよく海外での日本食事情などのお話を聞くことがあります。
よくテレビなどでも取り上げられていますが、ロシアでは日本のうどん屋さんが流行っていたり、アメリカではラーメン屋さんが大人気だったり。

アジアに旅行に行っても至るところに日本食料理屋さんがあるのを目にします。
本当に日本食というのは世界で広く受け入れられているんだなーと感じますね。

そして飲食店ではなく第一食品のように料理をお作りして卸す企業にもこうした動きが広がっているのかなと調べてみると、こんな記事を見つけました。

輸入うなぎ・ジャポニカ米の消費が堅調 ‐ インドネシア産で低価格化を目指す

 

貿易に関する情報ならJETROさん!ということでJETROさんの調査で非常に興味ふかい記事が載っていました。

要約すると

・中国で生産したうなぎがインドネシアに真空パックで輸出され富裕層を中心に大好評

・中国製と表示されているものの、日本メーカーの生産管理で、多くの消費者が安心して受け入れている

・しかし高価格なためやはり国内で生産し低価格化ができないか、インドネシア側では模索している

とのこと。

 

日本食は高い!しかし食べたい!

というニーズは確実にあるんですね。

 

もっともっと日本食を気軽に美味しく海外の方に召し上がっていただくにはどうすればよいか・・・。

まだまだ研究の余地がありですが、日本食はまだまだ大きな可能性を秘めていると思います。

 

第一食品もこのあたりを模索していきたいと思います!

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この第一食品ブログにはよく「クックチル 厨房設備 費用削減」などのキーワードでアクセスをいただきます。
また現場でもやはりいちばん聞かれるのは「厨房設備や給食に係る費用を削減するには?」というもの。

病院、介護施設、学校、社員食堂、いずれの現場でも同じことですが、厨房があれば料理をする人が必要です。
さらに食事を作るには水道やガス、電気などの光熱費が発生し、調理するための設備も必要となり、廃棄物を処理する費用なども発生してきます。

このように厨房には様々なコストがかかり、その費用は結構施設を運営していくにあたってかなりのウエイトを占めるものとなります。

厨房があれば衛生対策もバッチリ施さないといけないため、その管理も必要に。

厨房は結構場所も取るため、その分病室や施設で入居者様が使われるお部屋の数、スペースが当然減ってしまいます。

こうしたものがどうしても厨房に発生してくるため、よく第一食品ではこの悩みをどうすればいいか相談されます。

 

そこでクックチルシステムの「院外調理」であれば、大阪市生野区と兵庫県西宮市にあるいずれかのセントラルキッチンで食材を一括して調理し、専用カートにて配送します。
その院外調理専用カートにお食事を入れると、急速に冷却され保存が可能な温度まで下げられます。
そして現場にトラックで配送し、現場ではプラグにつないで急速に温めるというもの。

これであれば現場に厨房はいらず、光熱費も人件費も設備費も削減できます。

 

 ▲院外調理の説明動画

 

やはり最近お問い合わせが多いのはこの院外調理。

 

もちろん厨房があったほうが迅速で柔軟な対応ができるだろうということで、そのほうが言いという現場もあります。

ここはニーズに合わせてどちらでも対応できますが、厨房に係るコストには悩まされているところも多いのだと実感しています。

 

もしこうしたお悩みをお持ちの方がいらっしゃればお気軽にご相談くださいね。

第一食品が精一杯ご相談にのらせていただきます!

 

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近新聞やテレビなど各種メディアで報道されている2015年度からの介護報酬引き下げ。

日経新聞の記事では

特養事業者「1施設平均1500万円減収」 介護報酬下げで試算 

という記事も取り上げられていました。

 

内容を抜粋すると、

・2015年4月より介護サービスに支払う報酬(補助金)が平均で2.27%削減

・この報酬削減により特別養護老人ホームの5割が赤字

 

という驚きの試算が全国老人福祉施設協議会より発表されたそうです。

 

マイナス平均が2.27%という数字はかなり報道でも取り上げられているところですが、あくまでこの数字は平均。
全ての数字を並べると、全体ではマイナスなものの、介護職員の賃金に関しては上げるように指導されているようです。

以前読売新聞で取り上げられていた数字を抜粋すると

  • 事業者への報酬をマイナス4・48%
  • 職員の人件費は月1万2000円程度引き上げ。人件費に関する報酬はプラス1・65%
  • 良好なサービスを提供する事業者への加算もプラス0・56%
  • 全体では2・27%のマイナス

という数字が出されており、調理師や介護職員(ケアマネージャー)などに払う賃金はアップ。

経営側としては収入は下がるものの、人件費はアップするということになり、ますますの経営努力が必要とされているようです。

 

第一食品でも特養様のお食事をご提供させていただいておりますが、よくこのことがやはりよく話に上がります。

介護報酬が引き下げられ収入が下がることは確実。

人件費もアップするとなると、利益は確実に下がりますが、それでも良いサービスを提供し、継続していけるような経営体質に変化させることが今何よりも求められています。

特養も変化を求められている時期でしょうか。

 

私達第一食品がこの特別養護老人ホーム様と直接関わるのはやはり給食の現場。

こうした施設においてはやはり給食にかかるコストというのは大きなウェイトを占めるものになります。

しかし食事の美味しさや栄養というのは何よりも大切なもの。

日々の食事の質を下げることはできない、、、しかし介護報酬の引き下げが、、、というご相談をよく受ける中、第一食品が開発したサービスが「ファストクック」というサービスです。

 

ファストクックとはセントラルキッチンから直送される、真空パックのお料理を第一食品のスタッフが現場で盛り付けするサービス。
加熱から配膳、食器の洗浄までを第一食品のスタッフが行います。
導入される病院や福祉施設などで院外調理の実施を重ねて開発したもの。
各現場では調理場がいらず、加熱する最低限の調理器だけあれば大丈夫というもので、光熱費や人件費の大幅な削減となります。

 

介護報酬の引き下げが背景となり生まれた新サービス。

これから広くお使いいただけるように頑張って広めていきますよ~!

 

さてこの介護報酬の引き下げに関してはこれからも注目していきたいと思います。

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

第一食品は社員食堂も各地の現場でさせていただいています。
もちろんそうした現場では栄養士や調理師が在中して栄養にも気を使った食事を作らせて頂いていますが、社員食堂がある会社というのは今時珍しいもの。

多くの方が自前の弁当や、外で買ったもの、外食などでランチやその後の軽食などを済ませているのではないかと思うのですが、今朝方ニュースを見ているとこんな記事を発見。

 

まるで実家? 社員を支える「オフィスおかん」

 

なんとこちらのITベンチャー企業様が導入しているのは、実家でお母さんが作ってくれるようなお惣菜を冷蔵庫に常備しているそう。
かぼちゃ煮や千切り大根、玄米ご飯などなど。。。

メニューはほとんどが100円や200円だそうで、添加物を使っていないヘルシーで美味しいお料理だそうです。

社員さんの栄養に気を使った企業様の心配りでしょうか??社員さん思いのとっても良いサービスですね!

 

株式会社おかん様という企業様が提供しているサービスだそうで、栄養に気を使った食事は社員さんにもとっても喜ばれるのではないでしょうか!?

お菓子の世界ではグリコさんが提供する「オフィスグリコ」というサービスもありますが、そのお惣菜バージョンですね。

 

社食の世界でも新しいサービスがどんどん生まれています!

世の中にとって、人にとって良いサービスが生まれるのはとってもいいこと。

第一食品も召し上がる皆様に喜ばれるようますます精進します!

 

第一食品のHP

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

昨年に書いた第一食品のブログ!

2014年節分の恵方は東北東。2月3日は恵方巻き

 

今年もまたスペシャル節分メニューをやっていきたいと現場は意気込んでいます!

そして節分といえば豆まき、そして恵方巻き!

今年2015年は西南西を向いて食べるそうです。もちろん恵方巻きといえば一本まるごと食べるまで黙って食べるのがルール!

これは一本丸ごと食べる事で幸せや、商売繁盛の運を一気にいただく、ということ意味が大きいようです。
途中で止めること一気にいただく!そして運を逃さないという意気込みの現れですね。

では方角の由来は!?

これは干支が関係しているようで、その方角には神様がいて幸せを願うという意味があるよう。

そして恵方巻きの由来は関西で、船場がルーツと言われています!

幸せな方角を向かって食べるから「恵方巻き」という名前になったんだそうです。

 

こんな国民的行事が関西だと少し嬉しくなってしまいますね

 

さてさて今年は第一食品の各現場ではどのような節分メニューが出されるのか!

楽しみです!

 

第一食品のHPはこちら

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

第一食品の新しいサービス「ファストクック」。

以前コチラのブログでファストクックのサービス詳細についてはご案内しました。
ポイントをまとめると、

 

1,真空パックの料理をお届け

2,弊社スタッフを派遣し、現場では真空パックを温めて提供

3,現場では最低限の調理設備さえあればいいので、厨房はいらずスペースが生まれる

4,光熱費や人件費、設備費などかなりのコストダウンができる!

といったところでしょうか。

 

ちなみに30床のとある施設では第一食品のシュミレーションで

年間約-220万円

60床では

年間約-360万円

といった数字がでました!

 

そしてそしてこの度HPにファストクックの特設ページも開設!!

http://www.dfcn.co.jp/fastcook.html

 

是非一度みてみてくださいね~!

第一食品も少しずつIT化しています!

 

第一食品のHPはこちら

大阪本社電話:06-6758-7733

本社住所:大阪市生野区巽北1丁目26-4

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)