スタッフブログ

蝶番の割り付けと喰い裂きについて

今回のブログでは、蝶番を5つに分ける理由と

竹べらを使った”喰い裂き”について書きたいと思います。

13

蝶番の割り付けを5つに分けています。

割り付けは奇数と偶数によって変わるらしく・・・

偶数で分けてしまうと、後で1~2mmほどズレてきてしまうのです。

偶数の方が蝶番の枚数も1枚減り、少しは楽なので、簡単に済ませている職人さんは

偶数で分けている方も少なくないのですが、 表具師の芳寛堂さんは、奇数にしています。

奇数に分けることで、真ん中にくる部分が芯となり、均等に力が交わるため、いびつな形にならないのです!

 

次に喰い裂きについて説明したいと思います。

喰い裂きとは、和紙の裁断方法の一つです。

カッターなどの刃物で裁断する方法もあるのですが、刃物で裁断してしまうと、

切り口がシャープになってしまい、和紙と和紙を重ねた時に段差ができてしまいます。

それを回避するために、喰い裂きという裁断方法を選ぶのです。

1

使用する道具は、竹べら・刷毛・ものさしの3点のみです。

3

1. まずは、少し水をつけた刷毛で、裂きたい部分に線を引く様に和紙を湿らせます。

 2

2. 湿らせた部分を竹べらで数回上から下へと擦ります。

4

 

3. 後は、紙と紙を引きちぎる様に裂くだけです。

5

少し手間を掛けるだけで、本当に繋ぎ目がどこにあるか分からないくらい目立たないし、

段差ができないので、面白いと思いました。

 

次回のブログで、蝶番張りの続きを書きます!お楽しみに!

 

学生スタッフ 岩崎

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)