スタッフブログ

万豚記・京都烏丸・錦小路店で広東麺を。

京都・錦市場を西に出てすぐ、烏丸駅・四条駅からもすぐのところにある、
風情ある古民家を改装したようなお店、万豚記。
万豚記と書いて、ワン・ツー・チーと読むそうです。
IMAG2985

後で調べてわかったんですが、よく行く紅虎餃子房と同系のお店だったようです。
確かに、土鍋ご飯はじめ、似たメニューも多くありました。

この日、地域密着型クラウドファンディングFAAVOの勉強会を
FAAVO京都を運営されるクリエイター育成協会さんで行う予定があり、
京都に前乗りし、街ブログ会員である京七味ぢんとらさんを訪問していました。

ぢんとらさんは、京七味をはじめ、季節の七味、柚子胡椒、和菓子などを販売されている
錦市場で100年近く続くお店です。

テレビや雑誌で何度も紹介されている「七味ソフト」が名物、
僕達も行くたびに頂いています。
甘さの後にピリっとくる感じがやみつきです。
20131027215431.jpg

ぢんとらさんの訪問のあと、勉強会は夜遅くまで続くので、
腹ごしらえをしようと、↑の写真でソフトを食べるコミーとともに、
麺を求めてさまよう・・・ほどではない、錦市場を出たすぐのところに
今回のお店「万豚記」があります。
IMAG2984
こちらのお店では、ぷっくり餃子が名物のようですね。

コミーは柚子塩鶏麺?だったかな、柚子の香りが爽やかな
あっさり塩味の麺、僕は広東麺の塩味を。

広東麺っていうととろみのある甘めの醤油味のイメージですが、
塩味ということで、選んでみました。
IMAG2987
紅虎餃子房もそうですが、際コーポレーション系のお店は
具だくさんでボリュームありますよね!
食いしん坊には嬉しいです。

万豚記の広東麺もご覧のとおり、具材たっぷり!
ぷりぷりのエビやシャキシャキの白菜、たけのこ、
コリッコリのきくらげなど、食感の違う具材が楽しめます。
ここの麺が結構好きで、とろみのあるスープにしっかり絡んでいました。

アップで。
IMAG2988

この麺だけでも、お腹いっぱいになります。
メニューが本当に豊富なので、数人での会食や飲み会でいろんなものをオーダーして、
少しずつ食べるといいかもしれないですね。

グルメサイトをみていると、担々麺が評判のよう、
次回は担々麺にチャレンジしたいと思います。

らーめん・担々麺 万豚記 錦小路店

住所: 京都府 京都市中京区 西魚屋町 594

交通手段: 阪急京都線烏丸駅または市営地下鉄烏丸線四条駅下車
四条烏丸交差点から四条通りを東(八坂神社方面)へ進み、
二つ目の信号を左(高倉通)に入って最初の交差点左側 烏丸駅から248m

営業時間: 11:30~23:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

定休日 無休
TEL:075-211-3120

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)