スタッフブログ

1度税務調査が終了した事業年度分に再度税務調査はない?

みなさん、こんにちは。

 

広島出身の大阪市中央区で税理士事務所を開業している、

税理士の冨川和將です。

ではでは、今日もはりきって ブログのスタートです。

 

今日は、「1度税務調査が終了した事業年度分に再度税務調査はない?」

について説明します。

 

税務調査が行われ、間違いの指摘があったり、なかったりで

一度は税務調査が終了した年度分については、

もう税務調査に入ることは無いのでしょうか?

 

実は一度調査が行われた事業年度分についても

後日新たに当初の調査では把握されなかった

非違事項が明らかになった場合には、

再度調査が行われる場合があります。

 

ですので、調査が終わったからといって、

調査の対象となった年分の帳簿資料などを

廃棄しないように気を付けましょう。

 

<参考>

・国税通則法第七十四条の十一⑥

・調査手続の実施に当たっての基本的な考え方等について(事務運営指針)

・国税通則法第7章の2(国税の調査)関係通達の制定について(法令解釈通達)

 

 

本日はここまで、

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

経営計画作成・活用、月次決算業務、

決算対策・報告などの顧問契約や、

ずっと付合いのある税理士がいるから

顧問契約はできないけど

色々アドバイスは欲しい!!

という場合のセカンドオピニオン契約、

毎月開催しているセミナーの

内容確認や参加申し込みなどなど、

お問合せ・ご相談はお気軽に

06-4708-7028

 冨川(トミカワ)までお電話いただくか、

tomikawakazumasa@gmail.com

冨川(トミカワ)までメールください。

 

■免責

 

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、

会社法その他の法令に基づき記載しています。

また、読者が理解しやすいように厳密ではない

解説をしている部分があります。

本記事に基づく情報により実務を行う場合には、

専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上

実行してください。

本情報の利用により損害が発生することがあっても、

筆者及び当事務所は一切責任を負いかねますので

ご了承下さい。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)