スタッフブログ

ニュージーランドの牡蠣(ブラフオイスター)

 

こんにちわ。ニュージーランド専門旅行代理店ワタナベNZTour.comの渡邉靖子です。

今日のテーマは『ニュージーランドの牡蠣(ブラフオイスター)』です。

 

ニュージーランドはなんといっても食の宝庫

そして貝類だとグリーンマッスル(緑色したムール貝)が有名ですが、この時期にしか食べれない貴重な牡蠣があります。

 

その名も【ブラフオイスター】

 

普通の牡蠣とは違い小ぶりですが、口に含んだ瞬間に「ミルキー~  とろける~」が感想のようです。→残念ながら私は牡蠣が食べれないので食された方の感想です。

そしてこの牡蠣の獲れる時期が、3月~7月初旬ごろまで。日本のように大量に獲れないのでお値段も高めです。

 

ブラフオイスターはもちろん天然です(インバーカーギルとスチューアート島の間の海で獲れます。

たた最近では、スチューアート島での養殖に成功したようで、養殖も出回るようになったそうです。
養殖の場合は、ブラフオイスターではなくサザングローリーと呼ばれるようです。

 

それでは、その牡蠣をご紹介します。

ブラフオイスター↓ レストランで1個10ドルでした

IMG_0232 (1000x705)

 

養殖のサザングローリー↓ レストランで1個4.5ドルでした

IMG_0417 (1000x747)

 

この違いわかりますか? 若干天然のブラフオイスターの方が小さいですよね。。

 

そして牡蠣のお伴はなんといっても”白ワイン”ですね

IMG_0247 (1000x747)

 

ブラフオイスターの本場は南島最南端のブラフという港町ですが、ニュージーランド国内だと結構食べれますよ

牡蠣を取り扱っているレストランが多いのはクイーンズタウンですので、3月~7月にクイーンズタウンに滞在の方は是非ご賞味ください☆

クイーンズタウン↓

IMG_0426 (1000x747)

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=

お問い合わせは ワタナベNZTour.com まで

 wexp@watanabenztour.com

 http://www.watanabenztour.com

フェイスブック→ WatanabeNZTour

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=

  • Ayumi より:

    ううう!大好物です!牡蠣の王様ですよね!日本では味わえない美味しさですね❤︎

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)