スタッフブログ

ニュージーランドから日本への発送

こんにちわ。ニュージーランド専門旅行代理店ワタナベNZTour.comの渡邉靖子です。

今日のテーマは『ニュージーランドから日本への発送』です。

 

ニュージーランドから手紙や書類その他お土産を送る場合に通常利用するのが郵便局です。

今日はその郵便局から発送する場合のやり方についてご紹介します。

ツーリストの場合手紙だと購入された絵葉書に切手を貼りポストに投函するだけでOKなのでわざわざ郵便局にて出向くこともないのですが、書類や購入したお土産を送るには郵便局に行き所定の手続きが必要です。

わからない場合は尋ねると親切に教えてくれますが、ここでは基本的な事をお教えしますね。

まずニュージーランドから日本へ発送の場合はインターナショナル扱いになり、日数により発送方法そして料金も異なってきます。

書類のみを発送する場合

Par Avion Air と Economy があります。
違いは、、、日数です。
Par Avionが3日~10日。Economyが10日~25日。
重さは両方共に200gから20㎏まで

Par Avoin↓

P1070499 (1000x750)

 

書類や物品を発送する場合

Express Courier と Courierがあります。
違いは、、、日数です。
Express Courierが1日~5日。Courierが2日~6日。
重さは、両方共に500gから30㌔までですが、courierは書類のみの発送の場合は250gからとなります。

Express↓

P1070497 (1000x750)

 

Courier↓

P1070498 (1000x750)

 

そしてそれぞれに発送方法により申込用紙(発送用紙)も変わってきます。

Express↓

P1070501 (1000x750)

 

Courier↓

P1070502 (1000x750)

 

Par Avion↓

P1070500 (1000x750)

P1070503 (1000x750)

 

すべての用紙には、発送するモノの価格合計を記入しなくてはいけません。
【Value NZ$】 これは1,000ドルを超える価格のモノに対しては税関への申請が必要な事と
ある一定金額までであれば、発送方法によりダメージがあった場合に保障してくれます。

今日ご紹介した発送方法を知っておくと郵便局に行ってもスムーズに発送手続きができますので便利ですよ

私は先月オークランドから書類を発送しました。
重さが1.3㎏で料金が$36.45でした(日本円で約2,900円)
急がなかったので Par Avionを利用しましたが、発送から3日で到着しました。

P1070504 (1000x750) P1070505 (1000x750)

 

もう少し詳しい事を知りたい方は、こちら↓をご覧くださいね☆
https://www.nzpost.co.nz/

=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=

お問い合わせは ワタナベNZTour.com まで

 wexp@watanabenztour.com

 http://www.watanabenztour.com

フェイスブック→ WatanabeNZTour

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)